T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« ロンドンイキマス | メイン | やっパリ! »

2002年09月30日 | 投稿者 taku : 2002年09月30日 00:00

CD天国 日本

CDがとにかく安くで入手できる日本は、とっても天国。CDといって、キャッシュ・ディスペンサーだって思った人はちょっと注意が必要。Comapct Discの事ですからね。

ロンドンの大手販売系のレコードショップで、T.REXのCDで珍しいのはないかなぁって入るたびに探してみるけど、日本の方がその種類は多いし、価格も安い。

日本では、売り物である以上綺麗な状態で販売するっていう鉄則みたいなものがあるけど(これって消費者の要求なんでしょうね)、Londonではあまりそういう文化はないみたいです。
パリは、ものによるんだけど、どちらかというと日本よりの感覚かな。同じヨーロッパでも国が違うと様子もかなり違ってくるんだなって思う。


日本では、海外で発売されたアルバムが海外で発売される前に日本で勝手に先行発売されてしまったり、しかも値段も結構安かったりと、至れり尽くせり状態のように思える。そんな日本の事だから、きっと、ちょうどこの右側で紹介しているアルバムもHMVとかTOWER RECORDで売られているんじゃないかな?


もしその辺の情報を知っている人が居たら教えてくださいな。


そうそう、宿がGolders Greenにあるのと、今日がマークの誕生日なので、お参りに行ってきました。
写真は上のほうのリンクからご覧下さい。
(ここ読んでない人の方が圧倒的に多い気がする)


この、Golders Green,地下鉄の駅名にもなっているんだけど、ロンドン市内からのアクセスがやけに面倒だったります。

路線は、【NOTHERNLINE】という路線だけど、途中で進む方面が分岐されてしまい、間違って乗ると全く別の場所に連れて行かれます。GOLDERS GREEN駅へ行くには、North Bound(北方面)向きで且つ、行き先がでないとダメ。【NOTHERNLINE】は、ロンドンの中心を縦にバッサリ区切るような線なので、乗り換えには注意が必要です。次の駅で乗り換えよう!って思いながら、うっかり降りる忘れてしまうと、結局逆方向の列車に乗って再度チャレンジする必要が出てきます。

まあ、そんな能天気な事をやらかすのは私くらいなものか・・・