T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« CD天国 日本 | メイン | 三つ子の魂百まで? »

2002年10月07日 | 投稿者 taku : 2002年10月07日 00:00

やっパリ!

果てしなく恥かしい今日のタイトル。説明しないと付いて来れない人が1億人以上いると思いますが、それはさておき。

こうして素人がWEBサイトを運営していると、時々悩むのがそのデザイン。WEBだけでなく、ちょっとしたメモやイラスト、仕事上の資料など、「出来れるだけわかりやすく」作りたいと思う事は皆さんも同じだと思いますが、私はデザインの勉強などしているわけもなく、ああでもない、こうでもないと独り悩んでいるわけでごじあます。


先月の中頃から2週間近くパリに滞在してました。ホテルは高く付くので、短期滞在出来るアパートを借りて、そこで自炊をしながらこのサイトをちょこっとアップデートしたり、優雅なパリジェンヌを鼻の下を伸ばして眺めていたりと、あんまり生産性の無い日々を送ってました。


パリジェンヌの話については、僕の心の中だけにしまっておくことにして、街並みと、細かい部分の芸術的センスの良さに感動しつつ、道端の犬のクソとのギャップに戸惑っていた時の事を回想します。


街並みがいかにもヨーロッパの雰囲気。想像通り、いや、メディアから入ってきた情報通りだなぁと感心したのは言うまでもありませんが、フリーペーパー、地下鉄の構内、美術館そのものの構造、列車のデザインなど、とってもおしゃれなのに、親しみのある、換言すると、誰でも受け容れる事の出来るデザインになっているんです。
心地の良いデザインというのでしょうか。どんなにクールに見せていても、どこか優しさを感じさせるんです。
と、いいながらも、地下鉄の乗り方がとってもややこしかったり、道端の犬の糞が縦列駐車されていたり、そういう不具合もあって、時には致命的な結果を招く事もしばしばだったりするのですが。


MONOPRIXというスーパーがあります。日本のスーパーとどこが違うかというと、普通のスーパー(安い部類っていう意味で)のはずなのに、店の陳列の仕方がカッコイイ。それでいて、買い物がし易い設計になっているところに本来の便利さを感じさせます。ごちゃごちゃしているのではなく、とても判りやすい配置なので、欲しいものをささっとカゴにれてレジで並ぶ。そんなアミューズメント・パークのような楽しさがそこにありました。


そして、地下鉄の駅のデザイン。


つづく・・