T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« やっパリ! | メイン | 素人が考える 日本経済? »

2002年10月21日 | 投稿者 taku : 2002年10月21日 00:00

三つ子の魂百まで?

子供頃、近所の子供達や小学校の同級生などと鬼ごっこや、かくれんぼなど、飽きもせずに日が暮れるまで遊んでいた事をふと思い出しました。

子供頃って、仲間同士で鬼ごっこやかくれんぼなどの単純な遊びから、それらを序所に発展させていった応用系の遊びまで、きっと数え切れないくらいの遊びを楽しんでいたと思います。

その発展系の遊びのうち、なぜだか、誰かが必ず新しいルールを思いつくんですよね。それって、ルールを思いついた子供にとって都合の良いルール。しかも、そういう都合の良いルールを思いつく子っていうのは大抵決まっている。

しばらくすると、そうしたルールに屈しない子供たちが増えてきて、さらに新しいルールを思いつく子も出てきたり・・・。
そうこうしている間に、人気のあるルールは隣町まで広がり、時には全国的なルールとなる。全国的なルールになった頃、そのルールを思いついた当の本人はそんなことすっかり忘れた高校生くらいになっているんですよね。

さっき、「自分に都合の良いルール」だなんていったけど、大人になってもやっぱりそういうルールを考える人がいて、まあ、大人になっちまうと、そう簡単にルールを広げる事も出来ないし、その反面今すぐにでもそのルールが広がって欲しいと思うもの。そんなものだから、人に頼んでなんとかしてもらう。

子供たちの行動も面白いもので、ルールを制定する子をジャイアンだとすると、スネオタイプの子供がお菓子を上げたり、駄菓子屋でおごってあげたり、それが進むと、スネオのくせにジャイアンにお小遣いを渡したりしますね。
ジャイアンは、まあ、お小遣いをくれる子を大切にするけど、時には自分から欲しがるようになり、気付いたら誰彼構わずお小遣いをせがむように。

ただ、子供の頃にジャイアンだったり、スネオだったりしている子供が必ずしも政治家になるわけではないみたいで、換言すると、大抵の政治家はジャイアンでもスネオでも無く、ましてはのび太でもありません。これら3人とは大して関わりの無い、むしろ距離をおいて付き合っていた「その他の子供」だったりします。もちろん、ジャイアンタイプが一人も居ないというわけではありません。現に(皆さんもうお忘れかもしれませんが)、あの人は、比較的ジャイアンタイプだっという話も聞きます。

公園などで、子供たちが遊んでいるのを見かけたらそっと観察してみましょう。最初のうちは自分の幼少の頃を想い出すでしょうが、いつの間にか、新聞やテレビで報道されている醜聞が重なって来ますから。