T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« 君は何を見てるの? | メイン | はにかんだ »

2003年07月01日 | 投稿者 taku : 2003年07月01日 00:00

落ちてる切符

自動改札がメジャーになる前の駅構内って、なぜか落ちている切符が目立っていたように思います。
買いたてほやほやの切符から、1,2日前のもの、無数の足跡で切符としての存在を失いかけているものなど、
意図的に捨てられたというよりも、自然と転がっている風に見えていた切符達。

小学生の頃は、そうした切符の中から綺麗なものを拾ったりして「切符で廻る沿線制覇」なんかをやっていたものです。
しかし、この頃は自動改札がきちんと回収してしまうので落し物っぽい切符程度しか目にする事が出来なくなりました。
マナーの良し悪しに関わらず、効率的に切符自身の放浪の旅が防がれているんです。

ところで、マナーと言えば、特にWEBサイトのBBS・・・。
質問なり言いたいことなりを書き散らかして帰っちゃう人とか結構目立ちますね。
普段の日常生活でもいい加減な人間なのでしょうか。もし違っていたらそれはそれでむかつきますよ(笑)
幸いこのサイトのBBSにはたまにある程度ですから、アレですけど。
話を戻して、切符。
実はその昔は切符の収集癖があって、これはきっと趣味とは違ってまさに「クセ」なんだと今思うとそう感じるんですけど、
20年とか、30年前の切符を見るとそこから必然とドラマが湧き出てきます。
特に、硬券。これは今の切符みたいに薄っぺらいヤツじゃなくて、これぞ切符!といった味わいを感じます。
硬券の中でも、急行列車(特急じゃなくて)のヤツが好きです。
JRの急行、最近は激減してしまっているから余計にそのノスタルジーに浸らされるのかも知れません。

さてと、昔、友達のお父さんからもらった硬券でも眺めて旅情気分でも味わっちゃおっと!