T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« Don't leave me alone | メイン | しまちゃんまるくなる »

2003年12月17日 | 投稿者 taku : 2003年12月17日 10:15

サム、がんばれ!

とある場所に、サムというメキシコ人が切り盛りする店がある。味はお世辞にも美味しいと言えるものではないが、まずくはない

初めてその店に入ったとき、誰も居ない店内に驚いた。外でビラを配っていたのがきっと店員だろうと思って呼び寄せる。まるで立場が逆だ。
店内に入り一通り食事をする。おかわりが自由というだけあって、食いしん坊の私の事だから人並み以上に食べる。
食事をしながら、どこか寂しげな様子な店員「サム」に声を掛けると、意外にも明るい笑顔で応対してくれた。
後で知った事だが、彼は毎日一人で切り盛りしていて、さらに話し相手も無く寂しかったそうだ。なるほど、やはり人と話たかったんだ。
翌日もサムに会いに行った。食事をするためにというわけではなく、むしろサムに会いに行くのが目的といった観がある。
1日置いてまたサムに会いに行く。元気そうだ。ただ、店内には客が余りいなかった。
サムは私を友達として認識してくれているようで、何かと世話を焼いてくれたり、飲み物サービスしてくれる。仕舞いには、会計の時にお金はいいとまで言い出す。おいおい、何を言い出すんだよ。
なぜか、そんなサムの気持ちが嬉しい反面、遠い異国に一人でやってきて、話し相手もなくただもくもくと働くその姿が雨に濡れた仔猫のようなみすぼらしい姿に見えてきてしまい、無理にでも支払いをする。いや、払わなくては彼にとっても僕にとっても良くない。
そして彼はこう言う。君は僕の友達だから、これからはずっと500円でいいよ。だから、また来て欲しい。
メキシコシティーに生まれ、LAに3年、カナダに半年、そして今日本に移り住み、不況に喘ぐ日本で何かしらの夢を掴もうとしている彼を今後も見守っていきたいと思った。