T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« ネコの話の続き | メイン | まだPentium3でいいか。 »

2004年02月28日 | 投稿者 taku : 2004年02月28日 10:15

左利きは辛いさ

まず、右利きの人に聞きたい事が一つあります。マウスを左で操作出来ますか?

コンピューターデバイスの場合、特定のインターフェースを除けば自分の利き手を意識する事無く殆どを右手で操作可能であるし、別段不便を感じる事もない。
ただし、いくつかのデバイス(製品)は右利きの人間が開発・設計しているせいか、左利きには使いづらいばかりだけではなく、予期せぬストレスに悩まされる事もある。
しかし、大概の場合余り気にする事無く普通に生活出来るのが不思議だ。

大学生の頃。学食で友達4人と昼飯を食べていた時にふと気付いた。4人とも左利きである。
「そういう」大学であったからかもしれないが、これほど珍しいことはなかった。とても居心地が良く、まさに太平である。

冒頭で質問したマウスの事。かくいう私はどちらでも仕様可である。平生は右手で使うが、偶然マウスが左側に置いてあっても(右側に戻すの面倒だから?)、そのまま使い続けてしまう。
仕事をしているときに特に不便に感じるのは、周囲の対応である。左利きであるがゆえ、ものの配置等を自分用にアレンジしても、マスの右利きは違和感を感じるようだ。こっちは全ての事象において違和感を感じている、いわんやストレスを感じているはずである。

ところで、みなさんは「といさ」の時そういった利き手を感じることはあるだろうか。何それ?といわれても仕方がないが、まあ、気付いた人はBBSなどで感想を頂けると勉強になる。

ともあれ、左利き用のあらゆる製品が売られている店を知っている人がいれば是非教えてください。ただし、ロンドンの「あの店」を紹介されても簡単にいけないので、それはなしで(笑)