T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« サイト運営で思う事 | メイン | 無題 »

2004年08月01日 | 投稿者 taku : 2004年08月01日 10:24

続々登場T.REX関連STUFF

サイトの更新、というよりも、全面的なリニューアルを行なう予定ですが、とりあえずはコラムの更新を久々におこないます。
T.REX関連の待望のCDリリースやDVD発売など、今年の夏から秋にかけてはファンは決して見逃す事の出来ないイベントが目白押し。

さらには、待望のグラムロック・イースター@渋谷クラブ・クアトロも例年通り開催される事もあって、どこか小躍りしてしまいそうな時期に差し掛かってます。

そのグラムロック・イースターですが、話に聞くところによると、
1)「チケット代が\5,000は高すぎる」とか、
2)「生粋のT.REXファンが少ない」
3)「平日の夜は仕事でムリ」 などというちょっと後ろ向きな声が聞こえてきます。
確かにチケット代が高いのは認めます。Londonなら「メジャー」バンドでもその程度で見れますからね。
次の、「生粋の~」っていうのは、きっとこういう事だと思います。「出演者目当ての若いファンが多い事に居場所を見出す事が出来ない」ってね。
で、最後の平日の夜っていうのは、人それぞれだと思うからなんともいえない。

T.REXのCDリリースということですが、そのタイトルはトータルT.レックス 1971-1972というもので、リンク先を見れば判るように興味深い内容になってます。
ただ、どちらかというと、コアなファン向けということで、コアなファンでも実は「え、もう持ってるよ」と、なぜ持っているのか不思議なんだけど、とにかく「持っている」曲で構成されているらしいので、その辺りは自分の耳で確かめてほしいと思います。
私は付録のDVD-ROM目当てに「欲しい光線」を発し続けていますが、願いは叶うのでしょうか?

DVDリリースの「ウ・ワ・サ」ですが、こちらの情報はBBSに記載してあるので、過去ログ検索でもして見て下さい。
日本国内で販売される商品については、オマケが追加されればいいのですが、今のところどうなるかは判りません。