T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« ボラン・ブギー―マーク・ボラン・レジェンド 電気ノ武者伝説 | メイン | T.REX BORN TO BOOGIE DVD オーダー開始! »

2005年03月01日 | 投稿者 taku : 2005年03月01日 02:00

こんなところで会うなんて。

意味深なタイトルでごめんなさい。深い意味はないです。

高校の時からの友人の誘いで、とあるMAスタジオの見学に行ってきました。
青い感じのスタジオより好感の持てる人ばかりで、大変楽しむ事が出来ました。

私はもうそっちの方が引退しているので、あんまりわからなかったけど、そんな私でもスゲーと思ったのが、殆どProtoolsでシステムが組まれている事。今日見たスタジオは全部そうだった。と、思う。

卓はNEVEで、もちろんデジタル対応。
モニターだって、5.1は当然ってやつ。
あ、なんか今テレビのCMみてたら、ジョー・サトリアーニが来日するんですね。
いこっかな。

いくつかのスタジオを見ての感想。
なんか、NYのスタジオみたい・・・。

そういえば、BTBのDVDのオーサリングも、NYだっけ?
サントラだけヴィスコンティ御用達のスタジオだったのかな。調べるの面倒なんで(というか、そこまで興味ないから)、適当に想像してみてください。

本題。
スタジオ見学が終わって、さて帰ろうというとき、同じ大学に通っていたという先輩を紹介されました。「大先輩」とまではいかなくても、8年先輩でした。
大学が一緒っていうのは、そんなに珍しくないけど、学部・学科・コースまでもが同じというのは久しぶりでした。
第一線で活躍している先輩を見ると、なんか誇りに思えたりする後輩根性はそろそろ辞められないだろうか、と思いながらも、やっぱり、「先輩ってすげーなー」って思ってしまうわけです。

しばらく、教授の話やら、八木さんの話やら(謎)をしたあと、友人と新宿で遅めのランチミーティングを楽しみました。


P。S.自分で設定したサイトのリニューアル期限は、昨日までだったんだけど、ごめんなさい。先に謝っておきます。
ローカルでは殆ど完成しているけど、実際にアップするタイミングがねぇ・・・。