T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« 青いパッケージのマルボロ | メイン | ミュージカル We Will Rock You日本上陸! »

2005年03月11日 | 投稿者 taku : 2005年03月11日 12:45

久しぶりに食った広島風お好み焼き!

okonomiyaki.jpg京王線・井之頭線の明大前駅、その駅から徒歩3分ほどの場所にある広島風お好み焼き屋が良かったです。

週末にでもまた行こうと思っているけど、その前に痩せの大食い諸君にとって嬉しいのが、お好み焼きに入れるヤキソバの玉数は、いくつでもOKって特典。
とりあえず、私は2玉を頼んでおいたけど、やっぱり足りなかった。
次回は4玉くらいないとなぁと思うほど。

量が多い事が嬉しいのではなく、美味しい事が最大の嬉しい理由の一つ。
今まで食べてきた広島風お好み焼きの中ではベスト。きっとそれ以上のお好み焼きは他にもあるでしょう。それを知らないうちは、暫定的にトップの座に泰然と座しています。

明大前というのは駅名で、その地の周辺は松原とかちょっと離れると和田とか言います。お店があるのは、松原の地名が付く方面で、この周辺は明治大学の教養学部っていうのか、つまり1.2学年が通う校舎があり、さらには日大の付属高校や女子高などが軒を連ねる素朴な雰囲気漂う学生街でもあります。

私が通っていた大学のある江古田も似たような風体ですから、都心から少し離れた学生街というのは、住宅地と密接に、しかし適度な距離を保ちながら懐に優しく、そして、お腹も充分満たしてくれるお店が多いのでしょう。

美味しいのは嬉しいけど、店から出た後に気付く衣服に付着したお好み焼き屋さんの雰囲気もとい匂いには、何かしらのアフターケアが必要かもしれません。特に年頃の乙女たちには。