T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« T.REX トリビュートについての新聞の切り抜き | メイン | サイトの更新情報 »

2005年03月24日 | 投稿者 taku : 2005年03月24日 11:39

T.REX BORN TO BOOGIE DVD 日本版発売日あれこれ

btb_dvd.jpg

リンゴ・スター監督の映画「BORN TO BOOGIE」の日本版の発売日が6月1日となったようです。


気になる定価は9,660円。HMVだと7,728円。
Amazonはまだ掲載されていないのですが、近いうちに価格が発表されることでしょう。とりあえず、それまで待っておいた方が良いと思います。日本版はなぜかイギリス版の倍の値段ですからね。

HMVのリリース情報によると、日本版は3枚組みとなるようです。
うち、2枚はグローバル仕様と同様(NTSC変換済み・字幕付き)で、ボーナスディスクの内容は、以下のようになってます。(引用元はこちら)

    さらに鼻息が荒くなる要素がございます。こちらの日本盤はボーナスDVDが付いた3枚組仕様なのです。このボーナスDVDには、鋤田正義氏、長谷部宏氏撮影の写真を中心に、構成される予定。その他当時のMusic Life誌の記事、インタビュー、編集者、A&Rのエッセイなどを収録予定。ファンならば思わずニンマリしてしまう裏キラー・コンテンツがどっさり。

ということです。どうせなら、MUSIC LIFEの記事そのものがグリコのオマケの如くはいっていて欲しいと思うのは私だけ?

販売元はテイチクのレーベルであるインペリアル・レコードです。
DVDの発売に便乗して、ライナーノーツや歌詞の対訳を追加したアルバムが7タイトル発売されます。
リリース情報はこちら

タイトルは、

ちなみに、インペリアルレコードのリリース情報に記載してあるアルバムのタイトル名はめちゃくちゃです。例えば、地下世界のダンディは「Dandy In the Under Ground」と記載されているし、タンクスは、TANKS。このやる気の無さは、今回発売する7タイトルの質の悪さを表しているように見えてしまいます。他にも間違いがありますので、チェックしてみてください。
ヒント、EASY RIDERSってなんやねん。
(追記)某社のIPがあるからなんだろうと思ったら、上記ミス・スペルは修正されてました。

あ、脱線しましたね。

今回のDVD発売は確かに嬉しい話です。ボーナスディスクの内容がファン以外の人でも楽しめる内容であれば、約10.000円の出費は惜しくはないです。

以下に関連サイトのリンクをまとめますので、気になる方はチェックしましょう!

▼インペリアルレコード プレスリリース
http://www.imperialrecords.jp/intl/topics/index.html

▼HMV リリース情報
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1083085

▼BORN TO BOOGIE プロジェクトサイト
http://www.borntoboogie.net/