T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« 「およそ週間コラム」のアーカイブ作成しました。 | メイン | T.REX (Marc Bolan)関連のBOOK REVIEWページ更新 »

2005年04月18日 | 投稿者 taku : 2005年04月18日 12:00

T.REXブーム再来なるか?(およそ週間コラム-50-(4/18)

T.REXの映画「BORN TO BOOGIE」。10年近く前に中古レコード屋で見つけたのは、まさに奇跡的な出会いだった。
それまで、マーク・ボランの動く映像といえば、SOLID GOLD T.REXというビデオクリップ集や、栄光のグラムロックというグラムロック大全的なビデオでしか見たことがなく、
どの中古レコード屋で探しても到底見つかるような代物ではなかった。
それがちょうど2年程前にイギリスのT.REXファンからのメールの追記に「Born To Boogie(以下BTB)がDVD化されるってよ!」とあり、それを見て一瞬小躍りしそうになるが我慢。

まあ、我慢した甲斐もあって想像よりずっと良いDVDに仕上がっているようなので、後はテレビの前のスペースを片付けておけばそれでOKっていう状態だ。

とはいえ、一つ懸念がある。日本版のDVD発売に関しての盛り上がりが一切無い点だ。
ここまでデカイ話になると、メディアでも相当取上げられても良さそうなものなのに、ちっとも見かけない。
テレビをあまり観ていないという事もあるかもしれないが、それにしても、そういう情報が入ってこないのが不思議だ。
業者さんとか某ファンクラブの方達がこのサイトをチェックしてくれているのはわかってるので、この際GUEST BOOKに宣伝してみてはどうだろうか。
勿論、広告料頂くけど(笑)

ま、冗談の半分は置いといて、実際GUEST BOOKに業者サイドで書き込みがあったりすると、それを見たファンは嬉しいよね。ワクワクするというか。
イギリスの業者からは頻繁にメールやらプレス向け資料が届くというのに、日本は一切そういう広報活動をしないっていうのが不思議。
せっかくのお祭りなんだから、楽しく盛大にやりましょうよ、ね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.trextacy.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/72