T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« T.Rex / Born To Boogie レビューページ掲載 | メイン | kitty w/ no name.... »

2005年05月26日 | 投稿者 taku : 2005年05月26日 10:43

のんびりおじいさんとねこ

th_nonbiri_neko.jpg今年7月に福音館から復刊することになった「のんびりおじいさんとねこ」。

元は1972年7月1日に刊行された。

1972年というと、今話題のT.Rexの映画 BORN TO BOOGIEが登場した年。
日本では日本なりのシュールレアリズムが存在していた。


    のんびりおじいさんとねこ


    西内ミナミ さく


    わかやま しずこ え



この絵本、とてもほのぼのしているのだけど、どこかシュール。
内容は、ある日、飄然とやってきた猫が、おじいさんの船に乗って一緒に漁に出かけて、最後には・・・。

登場する猫の姿がとても愛着を受ける。猫好きが好きな絵本100選に間違いなくランクインするはず。

今話題の立つレッサーパンダ「風太君」、ものすごくかわいい。その風太君に負けず劣らずかわいいのがこの絵本に登場する「ねこ」

この絵本の作者である西内ミナミさんは元々は博報堂のコピーライターで、かの堀内誠一さんともそこで知り合う。(南平台のなんとかっていう会社だか事務所だか。その事務所には、高橋靖子さんも出入りしたいたとか)
堀内さんが描いた絵と、ミナミさんが書いた文、この二つの出会いで最も有名なのが、今NHKのイタリア語講座でも登場している「ぐるんぱのようちえん」

堀内さんは、T.Rex来日の時に関わった高橋靖子氏のブログにも登場する日本最高のデザイナー。アンアンのAD(アート・ディレクター)を担当していたお方だ。

こうして一つの絵本に関わる作者からT.Rex関連の話題に中半強引も持っていくことが出来るツナガリが妙だ。

1972年という年は、ほかの年と同じ1年(正確には366日のうるう年)であり、この年は世界の色んな場所で、様々なものが生まれたり失われたりした。私の知る限り、もっとも世界が文化的にも、文明の面でもぐるぐると動き、どんどん生産され、そして充実した1970年代前半を象徴する年であったのではないだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.trextacy.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/54

COMMENT | コメント

投稿者 taku : 2006年01月12日 23:18

コメントテストです。
どうだろうか。