T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« T.REX / Marc Bolan ディスコグラフィー UPDATE | メイン | T.REX 関連リンク追加 »

2005年07月22日 | 投稿者 taku : 2005年07月22日 01:05

im hooked by John Lee Hooker

hooker_ult.jpg

高校か大学の時に出あったJohn Lee Hooker.
出会い方も渋く、NHKのラジオ深夜便で流れていたのがきっかけ。
別にラジオ世代というわけではないけど、あの頃はラジオから受けた影響は結構大きかった。
住んでいる地域がFENの受信圏内だったので、英語の勉強の「つもり」でそこから流れる音楽ばかり聴いていた。
ニュースやNBAの時間になるとラジオ深夜便にチューニングを移動するのも当たり前のことだった。

文化放送で大学受験ラジオ講座というのをやっていた。受験勉強ですらラジオに頼っていたことを思うと、耳から得られる情報と、それをもとに視覚情報に変換する想像力は今思うと大したものだと昔の自分を誉めてあげたくもなる。
最近はそんな自分が情けなくなってくることもある。

そんな折、久し振りに取り出したアルバムがJohn Lee HookerのUltimate Collectionというアルバム。

抑圧された社会、ここでいう社会はあらゆるコミュニティーを示しているけども、そういう社会の中から生まれる音楽なり絵画なりといった作品は、重圧感を感じるどころか、開放的な印象をもたせてくれる。
暗闇の中で希望を失うのではなく、敢えて肯定的に進もうとする制作者の姿勢を感じた瞬間、深層心理に到達する断片的な情報がある一定のアルゴリズムを経た後に線となっていくのだろう。

「忙しい」という言葉を免罪符に、その実態が空っぽである事を露呈してしまいまそうになる前に、客観的な視点で自らを考察する時間を設けても良いのではないか、と私はスピード社会そのものに、その問いの答えを是非とも得たいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.trextacy.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/78