T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« 日めくりカレンダーの効用 | メイン | T.Rex / Marc Bolan [COSMIC DANCER] distributed by MSI »

2005年07月06日 | 投稿者 taku : 2005年07月06日 02:08

知らないこと、知りたい。

連続投稿もいい加減止めておいた方が良さそうだけど、今日は色々とあったので・・・。

まず。郵政民営化関連法案が衆院本会議で可決された事について。


そもそも、わけがわからない。
システムとしての郵便配業務がドイツのような状態になるのであれば、構わない。
だが、日本の郵政事業は、イギリスから入ってきたRoyal Mailをさらにカスタマイズした優れもので、恐らく世界中でも最高の品質とサービスが現時点で提供されていると思う。
それを、民営化する理由が、本来の意味でわからない。なぜなのか。

私は右でも左でもないが、自民党と民主党という髪型が違うだけの2大政党制の擁立は、本来の意味での民主化ではないと考える。
しかし、国民の税金を政治の為の道具として自由に使うのを許してしまっているのは、有権者である国民であり、大多数はそれを容認しているのが現実だ。

日本が経済的に豊かになった反面、それは日本という即席の土台が底上げされただけであって、土台の下に巣を作って生活する蟻は、いつ倒れるとも知れぬ土台から身を守る術を与えられずに日々を送っている。

中流階級意識が高い世代が増えたのと、有権者である事を放棄する世代の増加は比例関係にあると推測する。そう考える相当を裏付けられる理由もある。

国民の意識改革が必要と、小泉氏は発言した事がある。それは、国民に対して貧富の差を許容せよという事と同義であると野党が猛反発した。
国民の意識を改革するという能動的な考えは危険思想であり、それは、ナチスドイツの行なった恐怖政治に他ならない。

他方、国民意識の変容は、国民が本来もっとも必要とする基本的な認識である。
つまり、現在の意識を客観的に見直し、冷静に考えるという簡単な所作さえ行なえば済むという事だ。それすら、今の日本人は出来なくなったのかと、文明開化に奔走した人々、第二次世界大戦で青春の全てを奪われた人々の憂う姿の想像は難しくない。

私は聖人君子でもなければ、孟子や孔子に啓蒙しているわけでもない。ただ単に、なぜ?という疑問を追及していく先にあるのが、本来の意味の民主化がなされていないグローバリズムを目の当たりにするからである。

宇宙人が襲来したらどうなるのだろう。
無益なエネルギー戦争はなくなるだろか、烈しさを増すだろうか・・・。
疑問は尽きないものである。そして、郵政関連事業の民営化のもたらすものが、一体何を意味するのか、是非ともみなさんの意見を聞いてみたいと強く思うところである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.trextacy.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/67