T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« T.REX 関連リンク追加 | メイン | A DAY LAYE »

2005年07月24日 | 投稿者 taku : 2005年07月24日 01:36

うちの猫の近況と、今日シャワー浴びながら思ったこと。

灰色の綿が部屋中を飛び交う光景は近年まれに見る出来事です。
例年だと、それほどの量ではなかったと思う抜け毛が、今年は6月あたりからついに今になっても止まりません。
一体どこにあれだけ大量のアンダーコートを隠していたのかと疑うくらい。

それだから、こっちは白い服を着る事に躊躇してしまいます。外は熱いというのに、目立たない黒や紺の服装を選ぶ羽目になる。すると、毎日同じ服を着ているように思えてくる。

ところで、たまにPCでテレビの録画をする。
ちょっとした用事でしばらく部屋を出るときは予約録画をしておくこともある。
その録画した番組を見ていたときの話。
やたらとCMが多く長い事に気付く。CMの時間の方が長いのかもしれないというくらいイライラさせる。
そして、番組が終わった後に重大なことに気付いた。
録画してあるんだからCMスキップすれば済むという事に。


郵政民営化法案が否決されたらどうのこうのというお話が出ている。みなさんどう思いますか?
私は全然判らないのでこういう難しい話はどうでもいいし、そんな事考えるくらいなら、楽しい事していたいので、考える気力もおきません。
ただ、民意の無い法案を押し通そうとする小泉氏による国会の私物化や、明らかに検討が不十分だったり民意の欠落している法案を議論する場として、今の国会がふさわしくないというくらいの低レベルな発想だけはどうにか持ち合わすだけのヒマがあります。

地震もありました。初期微動の後に揺れの本体がやってくるとというマニュアルどおりの地震でしたね。
揺れが比較的大きかったので、一番倒れそうな本棚を慌てて抑えようとしたら、本棚に立てかけてあった本を落としてしまいました。本末転倒といいます。

その時、猫はどうしていたかというと、地震発生と同時に騒ぎ立てたカラスに驚いたようで、必至になって飛び交うカラスを目で追いかけていました。

テレビの電源を入れると、大相撲の中継が途絶える事無く放送されていたのですが、しばらくすると地震速報のテロップが流れ、報道センターからの回線に切り替わりました。
もう久しくNHKのセンターには行ってませんが、あそこには有事の際の特殊な設備と、それを運営するためのスタッフが予め内密に決められているとの噂を聞きました。
そういえば、報道局の構造は極めてわかりにくく、何度行っても迷う構造になってます。
フロアーの横を突っ切ると突然ニュース7などを放送するスタジオに出くわしたり、そうかと思うと音効さんの作業部屋があったり。

有事、例えばテロや氾濫などの場合は、放送局を乗っ取られるのが一番危険なので、それを想定しているのでしょうね。
チャウセスク大統領が捕捉された時も、民衆は真っ先に国営放送を乗っ取ったような記憶があります。

日本は一見平和だし、政治に無関心でも生きていけるので、楽チンですよね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.trextacy.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/80