T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« グラムロック・イースター Vol.19 セットリスト | メイン | さいきんのこと »

2005年11月23日 | 投稿者 taku : 2005年11月23日 01:14

そうだ、京都行ってきました~真如堂 編~

pic0001.jpg
週末から京都にいたのですが、思ったより寒くはなく、ほどほどの紅葉に酔いしれることが出来ました。
秋の京都と言えば、お寺の紅葉。
法要のために真如堂を訪れます。

その真如堂、JR東海の「そうだ、京都行こう」のCMで一躍有名となった事もあり、大勢の観光客で賑わっていました。
紅葉の彩りは見事ですが、その紅葉のせいで、神妙にお参りにする人の行く手を、カメラ片手に遮る数多の観光客や、ビニールシートの上で酒盛りに興じている人々が目立ちます。
最悪なのは、庵の中にまで入ろうとする無神経な中年男性。子供じゃないんだからそうづかづかと足を踏み入れるべきではなかろうと怒鳴りつけてやろうと思いました。
文化財を慈しむ事と、場所を弁えずに行動する事は、その差異が天地程です。彼らには兎にも角にも思慮を持って欲しいものです。

マナーの無い人間に対して怒り心頭ではあるものの、仏さんが居る前で叱り付けるのも気が引けるので、泣き寝入りしておきました。とにかく、我慢。
不要な我慢を押し付けられつつも、ふとそんな気分を白紙に戻してくれるのが、法要を一通り終えた後の会食です。

関東と関西ではお坊さんのお経・納骨などを済ました後の諸々が異なるようですが、私は関東のことは判らないのでどうなのか気になります。
お坊さんに東西文化の違いを伺っていれば、何か役立つ事もあったに違いないのだけど、お腹が空いていると、どうでも良くなってしまいます。

話が微妙にずれましたが、つまりは、お供養のための食事なのか、食事の為のお供養なのか、その境目が曖昧になってきたわけです。

こうした法要の場というのは、普段余り会う機会に恵まれない方々と顔を付き合わせる事が出来る絶好の機会であると同時に、私の大好きな京懐石の仕出しを久し振りに頂ける滅多にない時間です。

京都では、仕出が伝統的に受け継がれているのだそうで(そうでない場合もあるでしょうが)、いわゆる弁当には違いないのですが、いくつかのものは出来たての温かいままでやってきます。
この仕出しは、京都の茶屋などでも頂く事が出来るので、祇園にでも遊びに行ってゆっくりお楽しんでみて下さい。
視覚的にも秀逸である京都の料理は、伝統文化の一つでもあり、単に古いものを長年に渡って堅守するのではなく、常に新しい味との遭遇という実験的な一面も持ち合わせている純然たる芸術なのです。


ところで、私は親類の何人かと同じような顔をしてます。もし私がその中の一人より年齢が上であれば「私に似ている」という平然とした言い方を出来るのですが、残念ながら私が一番後に生まれているので、「私が似ている」のです。
その「顔」が似ている一人が「金属炭素」の精製にどうやら目処がついたとの面白いお話を聞かせてくれました。
以前NHKの「サイエンス・アイ」という番組も取上げられた事があるので(URLはこちら)、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

金属炭素は、現在、地球レベルで判っている話では宇宙空間にすら存在しない炭素の一つで、ダイアモンドよりも軽く固い、その固さたるや計り知れないというものです。
私はこのご時世、この政権時代ですから思わず「軍事転用は可能か?」という大雑把で愚直な質問しましたが、相手もさるもの、大雑把にそりゃもちろん有り得るだろうとの返答で迎え撃ちます。
私は平和利用を望むものですから、間違っても軍事転用がないように祈るばかりです。

機会があれば、阪大の研究室で金属炭素を「ただの何でもない私」が見る機会を得ようと思っています。ただのなんでもないという肩書きには一切の利害関係が存在しないわけですから、ある意味最強のDPLBとなります。

そんなこんなで、観光客に腹を立てたり、懐石料理に腹を満たしたり、金属炭素の話に腹を割ってもらったりと、お腹三大祭りだった京都滞在はあっという間に過ぎ去って行きました。

こういう形で京都に訪れるのは本意ではなかったのだけど、しかし、こうして生まれ故郷の変容ぶりや、久々に会った親類の人々を拝顔出来たのも、故人の人徳のおかげと思って、決意新たに自身精進して参りたいと思います。

さて、このサイトの運営に関してですが、GUEST BOOKにSPAM書き込みが続き、凹んでます。
2週間ほど前ですが、BLOG(Movable Type)をアップデートしました。実は、自身のサイトなのに、頂いたコメントにレスが付けられないというアクシデントに見舞われていたのです。
実はこのアクシデント、自分自身で引き起こしていました。なんと、自分がメインで使っているISPのIPをブロックしていたのです。相当マヌケです。
GUEST BOOKに関しては、スパマーをある程度特定出来たので、以前に戻っていますが、いつまたスパム投稿が増えるか判らないので別のシステムを検討しています。
もし、オススメのBBS(or GUESTBOOK)のスクリプトがあれば教えていただけると助かりますm(__)m

COMMENT | コメント

投稿者 猫大好きッ子 : 2005年11月23日 10:55

やっと更新されましたね。
京都うらやましいです。

投稿者 taku : 2005年11月23日 13:46

やっと更新したよ。
京都、いいんだけど散策する暇がなかったよ。

ところで、年末あたり忘年会するよ。クリスマス過ぎたあたりがいいかなぁ。

投稿者 河添剛 : 2005年11月26日 12:14

コラ! 蕎麦はどうなった!? って、ごく個人的に怒っているわけではないんですけど(笑)。TAKUさんも漸く現場復帰というわけで、傍観者としてもほっとしています。ますますお元気に、サイトを盛り上げて下さいませ。

投稿者 taku : 2005年11月27日 14:03

コメントありがとうございます>河添さま

昨日、その事について友人と話していたのですが、声を掛けていた人達のスケジュール調整に恵まれず、正月明けあたりに再度調整の予定です。

このサイトの運営管理に関して、当面は携われないのですが、春になれば多少なりとも大きな変化が見られるかもしれません。

今後は、作る側ではなく、使ってもらえるためのシステム構築の方に専念したいと思ってます。