T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« そうだ、京都行ってきました~真如堂 編~ | メイン | 新蕎麦は透き通った水の味。 »

2005年12月20日 | 投稿者 taku : 2005年12月20日 14:16

さいきんのこと

ここ数ヶ月の間いろいろなネタを蓄積し、それらをいちいちテキストエディタに打ち込み保存しておいたのだが、
悲劇は今月にはいってしばらくのこと、仕事でも使うメインのPCのHDDが飛んでしまった。
この、飛ぶというのは空を飛んで風を運んでくれるといった気の利いたものではなく、つまりはデータがふっとんで仕舞ったという意味。

時折バックアップをとっておいたので、なんとか復旧出来るであろうと楽観していたはいたものの、結果としてはその被害の甚大さが未だに尾を引いているというのが実情だ。

数日かけてようやく今までと同じとまでは行かないまでも、ある程度は復旧できた。
しかし、クラッシュからさかのぼって4か月分のデータが完全に消失。
メールやメモなどといったテキスト類だけでなく、その他もろもろのデータも、もうそこには存在していない。
仕事の中枢に関わる重要なデータこそは常にバックアップをとっていたのだが、これから重要になると思われる一時的なものや、ある種の連絡先メモといったものが無いのはかなり痛い。

復旧にかけた数日の間は、ほぼ不眠不休で作業に没頭していた。
本来ならしなくてもいい作業に尽力する自分の姿を、時折既視感を通じて見たような気もしていた。

9月末から立て続けにいろんなゴタゴタが重なり、今ごろになってようやく落ち着きを取り戻してきたわけだが、やらなくてはいけない事、やりたい事が残っている。


12月23日のT.Rexの映像鑑賞イベントがある。私はスケジュールの都合上参加出来ないのが残念ではあるが、T.Rex好きな人が、なんというか自然にもやもやっと集まるような感じが良いではないか。
こうした活動が、何も私のサイト経由ではなく、もっと自発的にいろんなところで開催されてほしいと思う。
そして、そうした開催情報などがこのサイトで紹介されるといった具合となれば、このサイトも当面の間は閉鎖せずになんとかモチベーションを保つ事が出来る。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.trextacy.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/95