T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« T.Rex on K-Tel Compilation 2 Record Set | メイン | 東京裏観光:足を伸ばして神奈川・生田緑地へ。 »

2006年05月31日 | 投稿者 taku : 2006年05月31日 18:30

T.Rex / Marc Bolan Rarities Vol.3

RARITIES Vol.3
T.Rexの「未発表音源」や、ベスト盤などのコンピレーションは、公式に発売されたアルバムの5倍以上は出ていると思う。 レアリティーズ・シリーズもその中の一つで、当時としては未発表ではあったけど、没後30年を目前にした現在では珍しいものではないでしょう。 吉田戦車の「伝染んです」に出てくるように、昨日録画した「今日の料理」を明日見ること出来るような感覚。いや、明らかに違うだろ。

日本国内で発売されたのは、このシリーズでいうところのVol.2までで、それ以降は結局発売されませんでした。
トラックリストなどの詳細は、こちらを参照(クリックで移動)してください。

このレアリティーズ・シリーズをリリースしたのは、John and Shan Bramley夫妻で、OMBFC(オフィシャル・マーク・ボラン・ファン・クラブ)の会長でした。
公式と名乗ってはいるけれど、マーク・ボラン本人が亡くなっているし、その妻ジューン・チャイルドもこの世には居ません。
マークの兄さんに関して言えば、言っちゃ悪いけど権利関係などの法務的な業務には向いていなさそうだし、マークの死後さっさと飛び出していった愛人のグロリアに至っては、
ボランティアに必要だから寄付してくれと声高にしている始末・・・。
マークの息子と言われているローランは、南アフリカに「マーク・ボラン・音楽学校」を設立しようと考えているそうだけど、何も南アフリカくんだりまでして、学校を作る理由がわかりません。
南アでグラムロック・ブームが押し寄せてきたりするのでしょうか・・・。

ここで、アンケート。
ローラン・ボランの音楽を聴いた事ある人(^o^)丿(←てをあげて、で変換すると出てきたYO!)

COMMENT | コメント

投稿者 joka : 2006年06月17日 19:42

(^o^)丿はーい。
ブートレッグDVDに入っていたので否応無しに聞いちゃいましたっ。でもRunDMCが理想の息子って・・オヤジが生きていたら泣いちゃうと思います。

投稿者 taku : 2006年06月18日 03:28

ブートのDVDに入っているなんて、なんて親切なブート業者なんでしょう!(笑)

ローランも、会計士か何かになればいいのに。

投稿者 joka : 2006年06月18日 12:14

>ローランも、会計士か何かになればいいのに
ねぇ。あるいは弁護士になって父親とされる(笑)マークの作品を管理するほうが、マーク祭りのゲストしか仕事が無い、売れないミュージシャンやってるより、ずっと有意義ですよね。
でもあの両親じゃ(マークが父親だとして)事務処理能力なさそう・・