T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« さむがりやのサンタ (レイモンド・ブリッグズさく・え) | メイン | T.Rex / Marc Bolan Rarities Vol.3 »

2006年05月20日 | 投稿者 taku : 2006年05月20日 02:36

T.Rex on K-Tel Compilation 2 Record Set

SUPERSTARS of the 70'S (2 ALBUM SET)


T.Rexもといマーク・ボランを初めて出会ったのは、K-Telのコンピレーション・レコードでした。
このレコードは今でももちろん大切に保管しています。思い出というのは簡単に捨てきれるものではないですね。
思い出といえば、高校の頃好きだった近所に住む同級生に告白する事も出来なかった、そんなちょっぴりビターな経験も、その後失敗を恐れず当たって砕けろという教訓を与えてくれたのですから、今となっては良い思い出です。
もちろん、当時は今ごろおばさんになっているだろう事など想像すらしませんから、色褪せない良い思い出として残り続けるでしょう。現実は甘くないという事を最近経験しました(謎)。

ところで、写真にあるこのレコードは、先日とあるレコード屋、多分、世田谷区の小田急線沿線か、その辺だったと思うけど、そのあたりを散歩中に見つけたものです。
なんと、T.Rexの楽曲が3曲も入ってます。3曲ですよ!!!ね、すごいと思わない???

2枚組みのうち、1枚はT.Rexを初めて聴いたレコードと全く同じ内容。写真のレコードは輸入盤で写真などはありません。
日本盤はマークがMetal GuruをBBCのスタジオライブで演奏しているときの青いハンモック姿のやつが印刷されています。

ただ、このレコード、ちょっと風変わりなトラックが多く、例えばJEEPSTERの次は"The Beatles with Tony Sheridan"のMy Bonnieと続き、
そのB面にはAstrud GilbertoのThe Girl From Ipanema(彼女がジョアンと別れてアメリカでシングルリリースしたバージョン?)が入るかと思うと、SLADEの"CUZ I LOV YOU"がB面に。
一見やりたい放題ではあるけれど、まるでラジオを聴いているかのような妙ちくりんなバランスがいい味出してます。

T.Rexは何がはいっているかというと、

    ・JEEPSTER ・Telegram Sam ・Cadillac(←この曲がT.Rexにのめり込むきっかけとなった)
明らかに、レーベルの権利問題がそのまま反映されている結果のようで面白いです。