T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« 猫が暮らせる東京路地裏。 | メイン | 京都はBOSSA NOVAが似合うかな »

2006年07月27日 | 投稿者 taku : 2006年07月27日 21:51

江戸情緒がやってきた。烏山の寺町通。

teramati_001.jpg
大正時代、関東大震災を期に浅草などの寺院が今の世田谷・北烏山に移動してきたという。
それから80年余を過ぎた現在、烏山は都内でも有数の寺町として、知る人ぞ知る散歩コースとなっている。

あ、完結してしまった。

成城警察署は仕事熱心!?

かれこれ15年来の付き合いになる自転車に乗り続けている私は、どんなにボロくたって、警ら中の巡査に呼び止められてもこの自転車を手放そうとは思わない。
話は脱線するが、杉並・世田谷は自転車の盗難がここ数年増えているのだそうだ。
私は高い確立で巡査に職質される。最近ではそれが余りにも頻繁すぎるのと、警察OBの方のアドバイスで、職質してくる巡査の名前などを控えるようにしている。
3名の熱心な巡査リストが出来上がった頃、今度は職質されるのを期待するようになった。
このリストを増やして自慢したい、そんなコレクター心が芽生え始めてしまったのだ。
しかし、こういう珍しい趣味を持ち始めた途端に巡査は熱心で無くなる。コレクションしているのが気付かれてしまったのだろうか・・・。

そんな風にどこかに巡査は居ないか、などと考えながら、というわけでもないが、ちょっと一息つきたいときは大体烏山周辺までサイクリングをする。
ぼろい自転車でのサイクリングなのだから、横文字のカタカナ表記を使うのは随分乱暴に思われるかもしれない。

玉川上水の川面が見えてくるのは、富士見が丘のNHKグラウンド裏あたり。この水路に沿って走ったり、そのまま高速道路の下を西に向かったり、そのときの気分でルートは変わる。
今回は烏山の話なので、高速道路下を西に進むルートを通ることにする。

烏山の寺町

途中、高速道路下は団地に挟まれるような形でその下を通れなくなる。
用地買収が済んでいないのか、構造上の不具合なのか、遠回りを強いられるのは地域住民には不便だろうと余計なお世話を心の中で焼きながら、しかし、この不便を理由に、「なんとなく昭和の風景が残る団地」の中を、私はをセーセードードーと通る。ちょっと得した気分だ。
元来、人生自体が遠回りなので、この程度の遠回りは慣れっこになってしまった。
遠回りした後、再び高速道路下を山梨方面に進むと「寺町通り下」という信号が見えてくる。
そこはまさに左折せよと言わんばかりの寺町通り風情漂う光景だ。

東南アジア風の妙祐寺本堂

teramati_003.jpg
そのお寺の密集する中に一際目立つ、というより異彩を放つ寺がある。写真のそれだ。
大正モダニズム様式というわけではないだけど、丸みを帯びた装飾やクリーム色の外壁、これは浄土真宗本願寺派のお寺だ。20世紀になって2度の移設を経験しているという事だが、一見するだけは判りづらい。
他のお寺はそれなりに名前の通りの雰囲気を体裁よく整えているのに対して、ここだけは、その本堂の風貌からインド様式の寺院である事が突出して目立つ。
なぜこのような建物になったのかは判らないが、機会があれば住職に成り行きを聞いてみよう。

この寺町通へは、京王線千歳烏山から南を向いてのほほんと歩けばなんとなく見つかるだろう。
千歳烏山の商店街はアド街ック天国でも取り上げられたりして、そこそこ名は知られているだろうけれども、この寺町通は余り知られていないので、有名になる前に散策する事をオススメする。

なんてったって、江戸時代の有名人のお墓が移設されてきているので、思わぬ大発見も出来るのだから。

東京都世田谷区北烏山4-16-1