T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

« T.Rex (Marc Bolan) Final Cutsの真実 | メイン | 叱らない大人と叱られない子供 »

2006年09月23日 | 投稿者 taku : 2006年09月23日 02:34

[T.Rex] マーク・ボラン月間も終盤に突入

9月に入ってからというもの、T.Rex関連のニュースが絶えません。
何より一番嬉しかったのは、9月9日にNHK-BS2で放送された映画「BORN TO BOOGIE」を観てファンになった、という人が多い事!
このサイトのアクセス数も、放送終了後はパンクしそうな程で、現在でもその余韻が続いています。

そこで、今月に入ってからのT.Rex関連情報をここいらでまとめておきます。私の個人的な備忘録でもあります。

NHK-BS2「黄金の洋楽ライブ」にMarc Bolanが出演!!!

9月9日
土曜日深夜、NHK-BS2の番組「黄金の洋楽ライブ」に、映画「BORN TO BOOGIE」が放映される。
監督は元ビートルズのドラマー、リンゴ・スター。
番組では、T.RexやDavid Bowieなどのカメラマンとしても有名な鋤田正義がナビゲーターとして引っ張りだされ、目新しい映像でも飛び出すかと期待するものの、何もなかった。
また、放送テープ素材は、以前VHSで発売されたものと同じで、2005年にDVD化されたリニューアルバージョンではなかった。

この映画収録中に、T.Rexのプロデューサーだったトニー・ヴィスコンティ(Tony Visconti)が手持ちのカメラで撮影した写真が、後にアルバム「The Slider」のジャケット写真と使われた。
クレジットはリンゴ・スターのものとなっているが、数年前にこのサイトでもお伝えしたように、「本当は私が撮影したんだよ」とトニー自信が衝撃告白。
ファンの間では、トニーが撮影したことが既に通説となりつつある。
関連サイト:
BORN TO BOOGIE DVD特設サイト
TONY VISCONTI
born to boogie

T.Rex & Marc Bolan Final Cuts発売

9月11日
マーク・ボランの「遺作」と呼ばれる未発表曲集「T.Rex & Marc Bolan Final Cuts」が発売される。
詳細はこちらでレビューしている。
日本盤は9月21日に発売。こちらはボーナストラックが追加されているということだが、オリジナル盤との品質の差が気になるところ。
日本盤を入手した方の情報求む。
関連サイト:
Final Cuts(ファイナル・カッツ) レビュー
Final Cuts販売サイト(Amazon)
sainsbury'sなら1500円

スポニチに記事(記事広告?)が掲載される

th_suponichi0915.jpg 大袈裟な見出しと、許される嘘が売りのスポーツ新聞の中でも、エロス度が最も低いとされるスポニチで、Final Cutsが取り上げられた。
また、9月16日に開催されたグラムロック・イースターについての記事も掲載。
記事の内容からすると、スポニチの独自取材による記事ではなく、恐らく関係企業が記事広告として誌面を利用した「ような」印象を受ける。
実際のところは不明だが、あまりにも・・・(以下自粛)


マーク・ボランの命日関連イベント、各地で開催

東京渋谷のクラブ・クアトロでマーク・ボランの追悼ライブ「グラムロック・イースター Vol.20」が開催された。
このグラムロック・イースター、主催者は元マルコシアスバンプというバンドのメンバーで、現在Akima&Neosというバンドのリーダー秋間経夫という大のマーク・ボランファン。
すでに、本家T.RexよりもT.Rexの楽曲を長く演奏している事になってしまった。

ロンドンでは、16日・17日と、ファンがマーク・ボランのゆかりの地や、最後の場所となった交通事故現場のBarnes, 墓地のあるGolders Green Crematoriumに集結。
Golders Green CrematoriumにはこのサイトのGUESTBOOKでもおなじみのHiroさんも2年連続で訪問。
現地のファンとの和やかな交流の模様を伝える写真を当サイト管理人に送っていただいた。
※写真はクリックすると拡大表示されます。
th_from_hirosan_001.jpg th_from_hirosan_002.jpg th_from_hirosan_003.jpg
th_from_hirosan_004.jpg th_from_hirosan_005.jpg th_from_hirosan_006.jpg th_from_hirosan_007.jpg
Image Coutecy: Hiro-san
関連サイト:
Tilldawn ORG (メーリングリストが充実)
TAG (Barnes Treeを保護している)
Metalguru (ドイツのT.Rexファン Milanさんのサイト)

BORN TO BOOGIE DVDの廉価版が発売。それでも高い!!!

9月21日。 T.Rex & Marc Bolan Final Cuts (ファイナル・カッツ)の日本盤が発売された9月21日、昨年発売されたBORN TO BOOGIEのDVDが廉価版となり発売。 定価2,990円は果たした安いか高いか。 昨年5月に発売された完全版のUK/EU/USでの価格は、日本円で3000円弱。店によっては2000円前後で入手可能なのにも関わらず、それらよりも大幅にボリュームダウンした内容の日本盤が3000円近くもするのはある意味驚き。 日本盤完全版にしても、1万円近くする高値が定価となっており、無駄なボーナスディスク(これがまた最低なんだ!)に、5000円以上を支払っている計算となる。(単純計算で) 昨今のDVDプレス価格は、例え国内プレスであっても、1万円近くの定価を設定するには余りにも乱暴。せいぜい、4500円前後が妥当なところ。 来年はマーク・ボラン生誕60年/没後30年という区切りの良い年だけあって、ファンクラブやテイチクなどの一斉荒稼ぎが見込まれる。マニアックなファンは搾り取られないよう注意が必要だ、私みたいに(苦笑)
関連サイト:
Final Cuts 日本盤
日本盤BTB 3枚組み(オリジナル)
日本盤BTB 1枚組み(廉価版)
輸入盤BTB 2枚組み(オリジナル/NTSC/リージョン1 3,701円 )
輸入盤BTB 廉価版(NTSC/リージョン1 1,849円 )

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.trextacy.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/100