T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

2005年03月11日

久しぶりに食った広島風お好み焼き!

okonomiyaki.jpg京王線・井之頭線の明大前駅、その駅から徒歩3分ほどの場所にある広島風お好み焼き屋が良かったです。

週末にでもまた行こうと思っているけど、その前に痩せの大食い諸君にとって嬉しいのが、お好み焼きに入れるヤキソバの玉数は、いくつでもOKって特典。
とりあえず、私は2玉を頼んでおいたけど、やっぱり足りなかった。
次回は4玉くらいないとなぁと思うほど。

量が多い事が嬉しいのではなく、美味しい事が最大の嬉しい理由の一つ。
今まで食べてきた広島風お好み焼きの中ではベスト。きっとそれ以上のお好み焼きは他にもあるでしょう。それを知らないうちは、暫定的にトップの座に泰然と座しています。

明大前というのは駅名で、その地の周辺は松原とかちょっと離れると和田とか言います。お店があるのは、松原の地名が付く方面で、この周辺は明治大学の教養学部っていうのか、つまり1.2学年が通う校舎があり、さらには日大の付属高校や女子高などが軒を連ねる素朴な雰囲気漂う学生街でもあります。

私が通っていた大学のある江古田も似たような風体ですから、都心から少し離れた学生街というのは、住宅地と密接に、しかし適度な距離を保ちながら懐に優しく、そして、お腹も充分満たしてくれるお店が多いのでしょう。

美味しいのは嬉しいけど、店から出た後に気付く衣服に付着したお好み焼き屋さんの雰囲気もとい匂いには、何かしらのアフターケアが必要かもしれません。特に年頃の乙女たちには。

投稿者 taku : 12:45

2005年03月08日

精進料理屋さんみっけ!

HI330040.JPG
先日食べたラーメン屋から、5分くらい歩いた場所で見つけたのが、写真では伝わりににくいが、精進料理という看板を掲げたお店。

一見、昭和30年代に立てられた木造建築のボロアパート風の横顔のこの店は、その玄関から覗く限り立派なのかそうでないのかイマイチ見定めが難しい風体を呈しております。

いつか、近いうちにチャレンジしてみようとは思いますが、どうも「札束があっという間に飛んでいくかもしれない」という恐怖感が内在するのものですから、それがいつになるかは今のところ不明です。

一応夢として、いつか事業が成功した時に、お世話になった人達を連れて行ってやろうかと思いますが、実際にはそれ程たいした事のないお店だったりしたらショックです。

そうそう、ついでに、都内でここは美味しかったよ!っていうラーメン店情報を募集です。
ラーメンサイトの情報より、実際食べた事のある色んな人からの情報の方が、お腹に安心っていう事に気付きました(笑)


投稿者 taku : 23:19

神戸ラーメンがやってき・・・ていた。

HI330036.JPGそういえば、土曜日のお話。友人宅へ寄った後、ラーメンを食べにいきました。
場所は、方南町。「神戸ラーメン 第一旭」というのがその店。

この方南町という街は、思いのほかラーメン屋が多く、その中でも私がお気に入りの「りょうたん亭」が存在する町です。

「りょうたん亭」という名前の響きからうすうす感づいた人もいるでしょう。この店は浜田山の「たんたん亭」で修行したご主人のお店で、全盛期のたんたん亭の味を再現出来ているところが最高です。今の(浜田山の)たんたん亭は高いだけであんまり美味しくないですしね。

そんな魚のダシ系ラーメンが好きな私がぐぅと唸ったラーメンが先に紹介した神戸からやってきたらしいラーメン屋。こんなところに?という場所にあるのも特徴の一つ。
ほんのりのした口当たりのスープに、シンプルながらコシの強い麺、そしてたっぷり詰まれたチャーシューが、お腹を空かした狼をすっかり虜にしてしまいました。
腹が空いている時はなんでもうまく感じるもの。でも、この店はいつ行っても、また食べに行こうって思わせてくれる数少ないラーメン屋の一つ。

ただ、私が一番嬉しかったのが「お座敷で食べる事が出来た」事。
これって、ラーメン屋にしては結構珍しいですよね。特に地代の高い都会では。


[25.June.06]追記:餃子とつけ麺もおすすめ。店の雰囲気(特に店員さんが丁寧で、長居しているのに嫌な顔一つしない)がいいです。

投稿者 taku : 12:09 | コメント (2)