T.REX(ティーレックス) / MARC BOLAN(マーク・ボラン)のトリビュートサイト
Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のグラムロックシーンを代表するアーティスト。 David Bowieらと共にグラムロック・ムーブメントを引き起こした。洗練された音楽・ファッション・詩からは、未だに新たなファンを生み出す神秘的な魅力(永遠のカリスマ)を感じさせる。

2005年08月30日

STAR WARSな休日の過ごし方。

sw_tri.jpgSTAR WARS EPISODE IIIを観てから、EPISODE 4,5,6を観ると面白いです。
日曜日、友達のナベのうちにいって(ナベのうちには、プロジェクターとスクリーンがあって、音響環境もばっちりでっせ!)、EPISODE4,5をみせて貰いました。最高でした。
日本はいま差し詰めEPISODE IIIなんでしょうな。
ただ、IIIのまま止まってしまいそうで恐い・・・。日本国民が正常かバカが問われる選挙がもうすぐです!

.


ちなみに、正常な人は野党を選ぶでしょうな。
小泉に踊らされたいという奇特な方は、どうぞ自民を。まあ、そんなバカはいないとおもうけど、フタを開けてみないわからないのが選挙ですから、ドキドキワクワクです。

日本が小泉政権による帝政となってしまった昨今、STAR WARS EPISODE IIIは民主主義国家でありながら、その役割を民衆自ら切り捨てているブッシュおよび小泉の下僕への警鐘となっているように思えてしまう。

今日から公示される衆議院選挙。
自民党の馬鹿げた政策に何度も裏切られながらも、尚も自民党や小泉(敬称不要)を支持する国民が過半数であるという事に辟易してしまう。

今回の選挙を郵政民営化の是非を問う国民投票だなんて発言する小泉に騙される人間が、メディアを通して露呈している事実は、日本国民の民主主義に対する思考が劣化している事の証拠だろう。

念押ししておく。
参議院で否決された郵政関連法案が否決されたのは、「法案に不備」があるから「否決」されたのであって、反対した多くの日本国民の代表たる代議士は郵政の民営化自体には反対しているというわけではない。

私個人は、郵政事業のうち、郵便配達業務の民営化に関しては反対しない。さりとて率先して賛成するということでもない。
危険なのは、貯蓄業務の民営化である。これを官から民に流す事は、現在の郵政事業を外資に買われてしまう事を示唆する。

国民にとって、一種の生命線でもある郵便配達。
自民党の政策では、公務員を減らす事で国家財源を節約するのだと言うが、必要であるはずの公務員の数を減らされ、不必要な公務員を横並びもしくは増やそうとしている事を国民は気付かなくてはならない。
郵政事業は、国民の文化・文明の発達を全国差別無く均等に与えてきた事業である。現在でも税金を必要とせず、事業収益だけで賄っている郵政事業をなぜ今、民営化する必要があるのか。

例えば、科学技術振興事業や、医療関連事業、保険関連、道路関連などなど、公共事業と目されている事業の多くで税金の無駄遣いが発覚している。
いや、発覚されていない方が圧倒的多数であるが、そうした事実はタブー視され、メディアは国民へ届けるのを躊躇する。
私は実際に、そうした現場をいくつもこの目で見てきたので、放送局を辞めた。

知っているだろうか。官営企業や、政府関連企業、団体、トンネル企業は、公務員と同等かそれ以上の処遇だ。かなり優遇されている。
その優遇措置は、全て税金によるものである。これは、自民党がこれまで押し進めてきて、さらに今後はその枠を拡大するのだという。


と、ここまで政府自民党や小泉の批判をしているようにみえるだろうけど(まあ、半分は実際にその通りなんだけどね!)、本当は違います。 批判の矛先は、国民ですよ。今も政府を支えている過半数の国民を侮蔑しているわけで、選挙権を持っていながらそれを行使しない頭のわるい人達や、いつまでも騙されつづけている民度の低い国民をバカにしているわけであって、 そうでない普通の人がどの政党に票を入れようが一向に構わないんです。

ただね、選挙権をもっていながら、それを使わない人は論外。
政治に関心がないだの、何かにつけてわかったようなことを発言しているような人は、コア・セルベート以下だとおもう。

借金してもいいから、独裁政治を続けて、国民をチェスのゲームのように弄ぶ構図は、STAR WARSにおけるパルパティーン(=ダース シディアス)とまったく同じなんですよ。
といっても、SW EP3を観てない人にはなんのことかわからないだろうけど、言いたいことは、お前ら選挙行く前にちゃんと勉強しとけ。以上。


このサイトの常連さんには、また、バカなこと言っっちゃって、子供だなぁ!って思われてしまっているでしょう。いや、それをわかっていて、あえてやってるんですよ(笑)


投稿者 taku : 09:10 | コメント (2) | トラックバック

2005年08月15日

Emperor Palpatine Rules

thep3.jpgStar Wars Episode III、ようやく観に行くことが出来ました。

幸い、私の周りには既に観たにも関わらず、ネタをバラすような人が居なかったため、自分にとっての鮮度は抜群。
良い友達を持って良かったなぁと、映画の内容とは関係の無いところで、感動してました。

結局、謎のままなのがマスター・ヨーダの素性。彼(でいいのか?)がどんな種族でなぜ最高のJEDIとされているのかが判らなかったけども、
きっと、外伝という形でSWを作りつづけるような気もします。例えば、アニメやゲーム等にストーリーを盛り込んで。

北米では、今年のクリスマスに魔女とライオン(ナルニア国物語シリーズ)が公開される予定だし、その少し前にはEP3のDVDが発売されるそうだから、
少なくとも今年一杯はどきどきが続きそうで何より。

しかし、SWの世界っていうのは、民主主義の何たるかをしきりに考えさせてくれます。
SF映画に思考は必要ねぇや!ってバッサリ切り捨てる方が、毎日がハッピーセットな生活なんだろうけど、私には無理。
あの映画の中で、政治家は如何にして民衆を言葉で支配するかという事が丁寧に表現されていているようで、恐かったです。
支配されている事に気付かず、そして形式的な民主主義に満足してしまっている(民衆の)状態に対して問題提起しているのかな?

.
自分の賛同する個人やグループ以外を、謀略や武力行動で排除する事で得た平和って一体なに?
独裁国家樹立に成功したパルパティーンの、賢者としての側面は、別の世界における同様の事例とシンクロしているようです。
古ぼけたナースが法を司るトップに君臨するような、どこぞの国も、似たような光景がすぐそこに・・・ほら!

自由を奪われ、飢えるようなことがあっても、尚もお上を信じ続けるという国民性は、何度裏切られても忠犬のように主人を慕うという哀れな性質であるとも言えるでしょう。
クローン兵達はまるでそんな忠犬のようでした。

投稿者 taku : 21:00 | トラックバック

2005年05月20日

BORN TO BOOGIE SHOCK / T.Rex

UK AmazonからBORN TO BOOGIEのDVDが届いていたので、早速開封。
色々と書きたいことは山ほどありますが、映画本編でスタジオセッションしているシーンにて、
ボランが使っているマイクはどうやらNeumannのU47じゃないかと・・・。
(実は昨日実物を触ってきたばかりだったりして・・・)

DVDの感想やレビュー(旧映像との画質比較)などは後ほどサイトにアップする予定です。

ともかく、今週末は仕事そっちのけでDVDを見たい気分満載。でも、出来ない・・・。

映画上映の件ですが、実は有楽町の大きい映画館に問い合わせしたり色々やってますが、私も仕事の方が忙しかったので、どうやら実現は無理そう。
イギリスのプレミア上映会に日本の関係者っぽい人たちが行ったそうですので、彼らがなんとかしてくれるでしょう。

ところで、T.REX ファイルという本が出版されるとのことで、著者の方からGUEST BOOKに投稿を頂きました。内容についても追記していただいていますので、要チェックです!

投稿者 taku : 21:32 | コメント (2) | トラックバック