T.Rex / Marc Bolanのトリビュートサイト。 Marc Bolan(本名Mark Feld)1947年9月30日生 1977年9月16日没。1970年代のBritish Rock,GLAM ROCKを代表するアーティスト。 Tony Vistontiに見出され、朋友David Bowie(デビッド・ボウイ)らと共に若い世代を中心に熱狂的な人気を得る。代表アルバムにElectric Warrior, The Sliderなど。今日も新たなファンを生み出し続けるロック界のメリエス。

dot
GLAMROCK SPECIAL
T.REX, DAVID BOWIE, ROXY MUSIC, SWEET
shadowhead
T.Rex & Marc Bolan / SHADOWHEAD
類似ベスト盤や、変わり映えのしない未発表曲集がいくつもある中、このアルバムは「物凄く」音が良い。視聴環境が良い人なら、その違いに「驚くほど」明確に気付くだろうし、CDラジカセであってもその違いはわかると思う。
主に1972年〜74年にかけて録音された楽曲の「W.I.P.」バージョンが収録されており、完成盤はTANXなどでどうぞ。違いの判るオトナ向け。T.REXのCDコレクターは是非加えておいてください。

Ziggy Stardust / Motion Pictures
David Bowie/Ziggy Stardust-The Motion Picture
きっと、100年後には、このアルバムがオペラ座で上演されるだろう。そう思っても不思議ではない程のライブ完成度の高さ。初期と呼ばれる時代があるなら、その時代の最高の時期を切り取ったスクラップブックがこのアルバムだろう。
'70年代の音楽文化をルーツした多くの現代文化の基本の一つとして、ぜひ抑えておきたい作品。

AVALON
Roxy Music / Avalon
このアルバムをグラムロックかと言えばそうでないとしかいえない。ただし、いわゆる世間一般で流通する安易な認識、グラムロックを単なる視覚的な現象として扱う日本的な発想はこの際切り捨てておこう。その代り、本質的な部分を見て欲しい。 ROXY MUSICの最高傑作。ボブ・クリア・マウンテンのセンスが響き渡る。オトナのGLAMROCK。洋楽ファンを語るなら必携の作品。もぐりと呼ばれる前に・・・。

TEENAGE RAMPAGE
The Sweet / Teenage Rampage
もう言う事一切ありません。聴いてください。そして感じて下さい。これぞ、グラムロック・バンド。元気になりたい人、失恋した人、別になんでも無い人、全ての人に捧げるSWEETの世界。それがこのベスト盤。 日本では余り認知度が低いかもしれないけど、今風に言えば、SWEET RULEZ!!!!ROCKS!!!!SUCKS!!!!----若者達に告ぐ、つべこべ言わず聴け。

ジャケット写真をクリックすると、AMAZONの詳細ページが開きます。

dotグラムロックというジャンルはあってないようなもの
先日取り寄せたNMEのグラムロック特集を読んでいても、QUEENですら登場当時はGLAMROCKとして扱われていたくらいであるから、余りアテにならない。つまり、その時代を表現するのにふさわしい言葉としての認識が妥当なのではないか。
とはいえ、人にどんな音楽が好きかと聴かれて答える時に困るのに一番苦労するのがグラムロックである。ジャンルを細かくしたがる人も居れば、気にしない人いる。
今回取上げた4つの作品全て、何となくグラムロックのジャンルに入っているが、この際だからハッキリしておこう。筆者が好きなアルバムに過ぎないので、飽く迄も参考程度に見ておいて欲しい。
spc
dotMARK FELDとDAVID BOWIE
1970年代初期の雑誌などの資料や、当時の若者の話を聞く限りでは、T.REXというバンドはある種の特別な存在であったようだ。
マーク・ボランという自身をシンボライズしたアイデンティティに強く影響を受けたデビッド・ボウイは、Ziggyを演じる。(日本のとあるバンド名の由来)

1966年、Mark FeldとDavid Bowieはとある殺風景な事務所で出会う。後にボウイが語った話によると、マークはこう話していた。
「いつか、ロック・オペラを僕の為に作ってくれないか?」
spc
dotテレビで観たマーク・ボランが憧れだった
ボウイは、その後Ziggy Stardustという架空の人物を演じる。もちろん、この人物は、マーク・ボランがモチーフであった。(MOJO July, 2002 issueより)
ライバルとして扱われているこの二人の関係は、マークの死という永遠の離別に至るまで、実際には仲の良い親友同士であった事は言うまでもない。
(しかし、残念なことに、テレビ番組「マーク」での共演が最初で最後の2人でのテレビ出演であったのが悔やんでならない・・・)
spc
dot華麗なる変容を遂げたROXY MUSIC
一方、1970年代後半、すでにグラムロックからの脱却を果たしていたROXY MUSICは、アメリカの名エンジニア、ボブ・クリア・マウンテンに自らのアルバム制作を依頼する。既に世界最高峰のエンジニアとして活躍していたボブのミックスは、その後のミキサー少年の目標となる。
そして、完成したアルバムが1982年登場した。その名はAVALON。
アーサー王伝説の物語が由来である。
spc
dotHR&HMの原点はここに在り
1980年代に至ってもなお活動を続けていたのは、SWEETである。
彼らもまた、1970年代初頭、強烈なルックスと共に鮮烈のデビューを果たす。しかし、彼らは他のグラムロックバンドと異なっている点は、今でこそナンセンスなルックス(私は好きだけどね)に反した抜群のテクニックと、シンフォニックなサウンド、そして、最高のライブパフォーマンスなのだ。
SWEETは、今やHMの原点とも言われるほどの伝説のバンドでもあり、SLASH METAL BANDの多くは、このSWEETに影響されたのも既知の事実である。

ここで紹介したアルバム以外にも、T.REXと同時期に活躍したいくつかのバンドがあるので、簡略ながら紹介しておく。リンク先はAmazonになっているので、そこで詳細のトラックや、ユーザーのコメントなどが一覧出来るので、そちらを参照して欲しい。

29th Oct,2004